ストッキング 保湿

MENU

ストッキングを履いていても保湿には心がけよう!

ストッキングを履いていると、なんだか何も履いていない時に比べると足が温かく感じますのでその分保湿も出来ているのではないかと思えませんか?保湿が出来るということは足のケアにも繋がりますので自然と美脚を手に入れることが出来る様になってきますよね。

 

もしもストッキングを履いているだけで保湿効果があるのでしたら、夏でもどんどんとストッキングは履いていたいものです。ここでは、様々なストッキング情報の中でも、ストッキングを履くということは保湿にもなっているのか?ということを調べてみましたのでご紹介いたします。

 

ストッキングを履いていると保湿になる?

 

では早速、ストッキングを履くということは保湿にも繋がるのかということについてお話したいと思います。

 

感想の季節になると、体のあちこちが感想からかゆくなるという人は少なくないと思いますが、実は、ストッキングを履いている時にも感想は進んでいるのです。つまり、ストッキングだけでは保湿にはなっていないのです。

 

ストッキングを履いているから美脚効果と保湿が両方できて一石二鳥だと思ったら大間違い。実は、ストッキングからもどんどん感想が進んでいるためちゃんと足に保湿ケアをしてあげないとどんどん感想がすすみ、足のかかとなどにヒビが入ってしまったりするのです。

 

そうやって保湿ケアするの?

 

ストッキングを履いていても保湿をしないと感想していくということは分かりましたが、ではどのようにして保湿をしていけばいいのでしょうか?

 

・水分を多めに摂取する

 

保湿ケアといっても、外からの保湿ケアだけではすぐに乾燥してしまいます。そのためにも体の中から保湿をしてあげることが大切です。

 

・保湿クリームでマッサージ

 

足は、体の毒素が貯まりやすい部位なのです。そのため、外からの保湿ケアで保湿クリームを使う時にリンパのマッサージも一緒に行ってあげることで効果的な保湿&美脚ケアをすることができます。その時のポイントは、保湿クリームを人肌に温めてから保湿ケアをするということ。こうすることで肌になじみやすく、高い保湿効果を期待することができます。

 

まとめ

 

ストッキングを履いていると、それだけでも肌が保湿されているような気持ちになりますが、実はストッキングを履いていても肌の乾燥はすすんでいるということが分かりました。ストッキングからでも乾燥しているのにそのまま乾燥を放っておくことは、足がガサガサになってきてしまうので、ちゃんと保湿ケアをすることが大切です。

 

そこで大切になってくるのが、体の中と外からの両方で保湿をするということ。まず。体の中からは水分を多めに摂取することを心がけましょう。そして、体の外からは保湿クリームを使ってリンパマッサージをすることで美脚になることが出来るということが分かりました。

 

なかなかストッキングを履くと保湿を怠りがちですが、美脚になるためにも頑張って保湿ケアしましょう。