ストッキング 着圧 効果

MENU

着圧ストッキングを使用する時の注意点

ストッキングには、足に適度な着圧をかけるというストッキングがあります。そのようなストッキングで着圧をかけると私達の体にどのような効果があるのでしょうか?着圧の効果で体が健康になるのから是非行ってみたいですよね!

 

でも、誰でもこのストッキングの着圧をしても良いというわけではなさそうなのです。そこでここでは、ストッキングの着圧にはどのような効果があるのかということや、着圧をしてもOKな人の特徴、また是非着圧をした方がいいという人の特徴、ストッキングで着圧を行う時の注意点など、様々なストッキング情報をまとめてみましたのでご紹介いたします。

 

ストッキングで着圧するとどんな効果があるの?

 

ではまず、ストッキングで着圧をするとどのような効果が得られるのかということをご紹介いたします。

 

私達の足というものは、体の中で一番毒素の溜まりやすい部分になります。そのため、一番血液の流れをよくしてあげないと足にむくみが生じてしまう可能性が高いのです。

 

そんな時に着圧効果のあるストッキングを履くとどうなるのかと言いますと、足に適度に圧力をかけて血流をよくしてくれますので、むくみが解消されたり、血流がよくなることでデトックス効果が期待できるようになったりと、かなり体に良いことがあるのです。

 

ストッキングで着圧をおすすめしたい人

 

では、着圧するストッキングはどのような人におすすめしたいストッキングなのかと言いますと、下記の様な方には是非おすすめしたいと思います。

 

  • 机に向かって作業することが多い人
  • 妊娠中の人
  • 静脈瘤などがある人

 

このような人達は、どうしても血液の流れが滞りがちになりやすいのです。また、妊婦さんについては、血液の流れはよくても足がむくみやすいのです。妊婦健診の時に足のむくみを調べられたことのある人も多いのではないでしょうか?

 

着圧ストッキングを行う時の注意点

 

ストッキングの着圧効果を得る時には、どのようなことに中止しながらストッキングを履くことが大切なのでしょうか?

 

まず、「着圧」ということなので、自分に合った圧力のストッキングを選ぶことは大切ですね。自分が圧力を感じて心地よいと感じるくらいの着圧のストッキングを選ぶようにしましょう。

 

また、ストッキングのサイズも自分に合ったものを選ばないと効果は半減してしまいます。必ず自分のサイズに合ったストッキングを調べて購入するようにしてください。

 

最後に、持病のある人、特に足に痛みやしびれを感じている人や糖尿病を患っている人には、使用を控えるように書いてあるストッキングが多々あるので出来るだけ使用しないようにすることが大切です。

 

また、足が炎症を起こしている時や傷などがある時なども、ストッキングを履くことによって余計に症状をひどくしてしまう危険性がありますので、足に異常があるときにはできるだけ着圧す特金具を履くことは避けましょう。足に何も問題がなくなってから、着圧ストッキングの効果を実感しましょうね!