ストッキング 洗い方

MENU

ストッキングの正しい洗い方をご紹介

ストッキングって他の服と違って少し生地が違いますので、どのように洗ったらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はストッキングの正しい洗い方をご紹介していきたいと思います。ストッキング情報としてストッキングの正しい洗い方を知ることはとても大切なことですよね。

 

ストッキングの正しい洗い方が分かればストッキングを長く大切に使用することも出来ますし、正しい洗い方と言ってもそこまで難しいことはないのでこの機会にストッキングの正しい洗い方をマスターしてしまいましょう。

 

ストッキングの正しい洗い方をご紹介

 

では早速、どのように洗ったらストッキングは長持ちしてきれいに使えるのかという、ストッキングの正しい洗い方についてご紹介していきたいと思います。

 

・基本は手洗い!

 

手洗いと言っても一生懸命ストッキングをゴシゴシと力一杯に洗ってはいけません。また、揉むこともストッキングを傷めることになるので止めましょう。ではどのように洗えばいいのかと言いますと、水の中で優しく浮かせてみたり沈めてみたりを繰り返すようにして洗いましょう。そのようにして汚れを落とすとストッキングを傷めることなく洗うことが出来ます。

 

・洗い終わった後も気をつける!

 

洗い終わった後でもストッキングをギュッと絞ってはいけません。優しく手洗いをした後はタオルで優しく水気を拭き取るようにします。いくつか洗い終わったストッキングがある時には、全部一気にストッキングの水気を拭き取るのではなく、一つずつ丁寧に優しく水気を拭き取りましょう。もしも手で一つずつ水分を拭き取るのがめんどくさい時や時間のない時には洗濯機に入れて、約1分脱水をかけるようにします。

 

洗濯機を使った正しい洗い方

 

基本手洗いをお勧めするのですが、どうしても時間が全くなくて手洗い自体が難しい時にはやはり洗濯機に登場してもらうしかありませんよね。でも、洗濯機は1度入れてしまえば正しい洗い方をしないと終了した時にはストッキングが傷んでいるということもあります。

 

・裏返してネットに入れる

 

ストッキングを洗濯機で洗う時には、必ず裏返してからネットに入れるようにしましょう。こうすれば毛玉予防もできますし、ネットに入れることで他の衣類との摩擦によるダメージも防げます。

 

・漂白剤は使わないこと!

 

洗剤と柔軟剤はOKですが、漂白剤はストッキングの色を変色させる危険性がありますのでさけるようにします。

 

・粉洗剤はよく溶かしてから

 

温かいお湯などで洗剤をよく溶かしてから使うことが正しいストッキングの洗い方です。

 

最後に・・・

 

ストッキングの正しい洗い方はどれもそんなに難しくはないと思います。基本的には他の衣類よりもちょっと丁寧に洗ってあげるということが大切なんだと思います。

 

また、ストッキングを干す時にも陰干しをして直射日光のあたる所にはおかないようにすることが大切です。また、脱水機やドライヤーにかけることもNGです。