脚やせ 歩き方

MENU

歩き方を変えるだけで脚やせ効果が・・・!?

 

脚やせといっても、どうすればいいのか悩んでしまいますよね。実は普段の歩き方を少し変えるだけで、驚くほど脚やせの効果が出るんです!歩くと言う事は毎日のことなので、悪い歩き方をしているとそれだけで脚やせには程遠い事になってしまうということですね。

 

歩き方を変えるだけで脚やせなんかできないって思う人もいるかもしれませんが、毎日歩かない人なんていませんよね?歩き方を少し意識するだけで脚やせに繋がるのならやらない手はありません!

 

皆さんは普段からこんな歩き方をしていませんか?

 

  • 歩くスピードが速い
  • つま先に重心をかけて歩いてしまっている
  • 猫背、もしくは背中を丸めて歩く癖がある
  • 極端な内股で歩いている
  • ガニ股で歩いている
  • 脚をしっかり上げずに、引きずるように歩く
  • 浮指になっている

 

このような歩き方をしていると、変な筋肉がついたり、脚が歪んだりしてしまいます。姿勢も悪くなってしまいますね。

 

特に浮き足には注意が必要です。浮指というのは親指がしっかり地面に着かないで、浮いてしまっている状態のことをいいます。手で脚の親指を持って脚の甲に向けて反らしたときに、90度以上反ってしまうなら浮指の可能性があります。

 

浮指になった状態で歩いていると、親指でしっかり踏んばらないといけないのに、それができず、太ももやお尻の筋肉で補おうとするので、筋肉が太くなってしまい下半身が太くなってしまいます。

 

頑張ってダイエットをしていても、間違った歩き方をしているだけで効果が出ないなんてこともあり得るのです。

 

逆に正しい歩き方をすれば、脚やせにもつながると言う事ですね。

 

正しい歩き方をするには、正しい姿勢から

 

歩き方を変えれば、脚やせや、全身のダイエットに効果があるとわかりましたが、どうすればいいのでしょうか。

 

脚やせのための歩き方をするには、まず正しい姿勢をキープすることが大切です。
お腹をへこませて、骨盤をまっすぐ立たせます。肩甲骨を背中の中心に寄せるようにして、背筋をしっかりのばしましょう。

 

正しい姿勢ができたら、次は歩き方です。

 

  1. 着地はかかとから地面に着けるようにして、前に体重をかけるようにします。膝をなるべく曲げないで、指先でしっかり地面を蹴り上げ、反対の脚のかかとから地面に着けるを繰り返します。
  2.  

  3. 親指の付け根を意識して歩く。親指の付け根に体重を乗せるようにして、少し大股で歩きましょう。膝の裏はのばします。

 

正しい歩き方をすれば、正しい場所に筋肉がつくので、脚やせにはとても効果的です。スラリとした脚も夢ではありませんね。

 

また、股関節が固い人は、脚をしっかり上げず、引きずるように歩く傾向にあります。脚を引きずるように歩いていると、血行が悪くなり、むくみや冷え性になったり、お腹がぽっこりと出てしまう事にもなってしまいます。

 

何もないところでつまずいてしまう人は、脚をあまり上げずに歩いているかもしれませんね。股関節を柔らかくするエクササイズを取り入れる事もお勧めですよ。

 

いかがでしたか?普段の姿勢や、何気ない歩き方の癖がダイエットの妨げになっているかもしれないなんて、びっくりですね。

 

でも反対に、歩くという事は毎日のことなので、歩くときに少し意識するだけで、脚やせが可能ならこの機会に歩き方を少し見直してみませんか?スラリとした綺麗な脚を目指して頑張りましょう!